お知らせ

情報化施工「3D-MG油圧ショベル」現場レポート 最前線特集

河東郡音更町字上然別西

河東郡音更町字上然別西

 情報化施工 3D-MGシステム「マシンガイダンス」を搭載したハイブリット油圧ショベルが畑地における基盤整備で現在稼働中。

 施工内容は「急斜面の畑地を耕作に支障のない均平度に整地すること」そのためには急斜面の高い地山から掘削し、同時に変化点の多い法面を丁張レスで仕上げる工事です。

3D-MG マシンガイダンスにて切土法面施工中

3D-MG マシンガイダンスにて切土法面施工中

 

3DTINデータ制作 村上土建開発工業株式会社様

村上土建開発工業株式会社 様で作成した3DTINデータ

工  事  名  畑地帯(支援)美蔓高倉地区62工区 

工事目的  畑地における生産基盤の整備  

発  注  者  北海道 十勝総合振興局 様

受  注  者  村上土建開発工業 株式会社 様

工  期     平成26年  6月  5日 ~ 12月10日

工事概要  整地工 A=8.1 ha

      暗渠排水工 A=51.0 ha

         石礫除去工 A=1.6 ha

      その他

 

現場レポート 平成26年 8月29日

 今回は情報化施工している工事現場「村上土建開発工業 株式会社」現場代理人・監理技術者の水津工事長にお話を伺いました。

 

iconsetこの現場でマシンガイダンスシステムを導入した理由を訪ねてみると

水津氏「現場での測量並びに丁張設置作業が省略されることにより、施工機械のタイムロスが減少した事」また、「重機周辺に作業員を配置せず単独で施工が円滑に行える為、重機と作業員との接触事故のリスクが減少した事」

 

iconsetなるほど安全を第一に考え、さらに施工効率の向上、環境への配慮も考えている企業なんだと実感させられました。 

3Dイメージデータ

作成した3DTINは3Dシュミレーションで確認

 更に注目する点として、こちらの現場では情報化施工に用いる3D設計データ(TS出来形も含む)を自社で作成されている事です。

 

iconsetすでに3年ほど前から自社で設計データを作成していますよね、今回のような複雑な設計デー

タの作成はどうされたんですか

水津氏「社内で協議し、試行錯誤を繰り返しながら発注図に限りなく近い状態で3DTINデータを再現することが出来できました」

 

iconsetとデータの仕上がり精度にも自信を持っておられました。

  今回の訪問で現場に適合したICT建機を活用する事で、施工精度もさることながら施工効率の向上が実現出来る事を改めて感じました。

本日はお忙しい中、取材ご協力頂きありがとうございました。

 

施工機名 コマツハイブリットHB205-1 & TOPCON 3DMG

システム RTK-GNSS 0.8m3 油圧ショベル

N E T I S  KT – 990421 – V

 

iconset リポーター山本健太郎

 

 

baner3[1]

 

 

 

お知らせ

News

過去の記事

ページトップへ
Copyright © Komatsurental Dotou. All Rights Reserved.