情報化施工のメリット

情報化施工は、施工効率や精度、安全性が大幅に向上し、環境負荷の低減にも貢献します。以下に、考えられる主なメリットを5つご紹介します。

メリット1:施工効率の向上

3次元設計データをもとに切土、盛土の確認ができます。丁張り、ワイヤ設置作業、敷き均し回数、検測回数が減ることにより、大幅な工期短縮とコストの削減が図れます。さらに、カーブやインターチェンジなどの複合こう配で曲面が多い複雑な施工や、目視が困難な夜間作業でも効率良く施工が行えます。

高速道路ランプウェイ形状 社内テスト施工時間の比較例

施工時間の比較例の図
  • ※ 熟練オペレータによる情報化施工は作業効率が一段と向上します。
  • ※ 設計や施工データ作成時間は含まれていません。
  • ※ 社内テスト施工の結果であり、実際の施工とは異なります。

メリット2:安全性の向上

あらかじめ入力した3次元設計データをもとに施工するので、建設機械周辺での測量や作業指示、作業補助が削減され、安全に作業が行えます。

法面整形作業状況比較

法面整形作業状況比較の図

メリット3:施工精度の向上

3次元設計データをもとに建設機械の作業機を高精度に制御しているので、仕上げ面精度が向上します。オペレータの技術に左右されること無く施工が可能です。

仕上げ面と許容値の関係

仕上げ面と許容値の関係の図

メリット4:環境負荷の低減

建設機械の効率的な稼動で燃料消費量が低減。さらに施工精度が良いために計画通りに施工ができ、建設資材が余るようなこと等が少なくなります。結果としてCO2の排出量の抑制に繋がり、環境負荷を低減します。

高速道路ランプウェイ形状 社内テスト施工での試算例

社内テスト施工での試算例の図

メリット5:技術評価値の向上

総合評価落札方式の技術評価において、情報化施工の活用により技術評価を受けることが見込まれます。

総合評価落札方式の導入

民間企業の持つ優れた設計、施工に関する技術力を生かすことで、公共工事の総合的な価値を高めることを目指した落札方式です。「価格」のほかに「価格以外の要素(技術力)」を評価の対象に加えて、技術と価格の両面からみて優れた提案を落札者とします。

総合評価落札方式の図

情報化施工とは

What's ICT

ページトップへ
Copyright © Komatsurental Dotou. All Rights Reserved.